明け透けに首都権の風俗体験を暴露するよ

首都圏には風俗がたくさんあります

1日に何度でも気持ち良くなりたいと思っています。だから、自分でも何度もしてます。でもそれだけじゃ満足できないんです。それで、首都圏の風俗で遊ぶようになりました。俺が住んでいる首都圏には、いろんな風俗があるんで、遊んでも遊んでもまだまだ利用したことがない店がたくさんあるんです。だから、次はどの店で気持ち良くなろうかと考えるだけで楽しくてたまりません。そんな俺は、最近はピンサロにハマってます。ピンサロと言えば花びら回転ですが、これは俺にピッタリのサービスだと思ってます。なんといっても、短時間に何度も気持ち良くなることができます。首都圏には、かわいい嬢が揃ったピンサロがたくさんあるんです。かわいい嬢が入れ替わり立ち替わり俺を気持ち良くしてくれるなんて、最高です。俺は口でしてもらうのがものすごく好きなんで、そういうところでもピンサロは俺にピッタリのサービスなんです。実は、今度も週末もピンサロに行こうと思ってるんです。Wとトリプルが楽しめる店なんですが、もちろんトリプルを楽しんでくるつもりです。

首都圏の風俗で気持ち良くなる俺

俺には、付き合ってる彼女がいます。いわゆるそういう行為もできています。そして、回数も頻繁です。でも、俺はめちゃくちゃいやらしい男なんで、それだけじゃ満足できないんです。だから、俺は首都圏のいろいろな風俗で遊んでいます。彼女はうすうす感づいているようですが、俺の性欲の強さを知っているからか放っておいてくれています。首都圏にはいろんな店があるんで、俺は生まれたのが首都圏で良かったと思ってます。俺は女の子をリードするのも好きですが、実はそれと同じくらい女の子に責めてもらうのが好きなんです。それは彼女にも伝えてあるので、彼女もかなりがんばってくれています。でも、まだまだ俺を責めるのは上手くありません。その点で、風俗は素晴らしいです。俺がよく行く店の嬢たちは、俺を完璧に責めてくれます。俺は口や指で敏感が部分を刺激されながらいやらしい言葉で追い込まれて、いつも最高に気持ち良い瞬間を迎えています。俺は責められているときは、声は我慢しないことにしています。そのほうが、より気持ち良さを堪能できるんです。

初めての風俗は首都圏のデリヘルと決めていました

ずっと風俗を利用してみたいと思っていました。でも、なかなかその機会がありませんでした。でも、母が父の転勤について行くことになって、俺にもやっとその機会が巡ってきました。首都圏の大学に通っている俺は、一人で首都圏に残ることになったんです。二人が出発して一人の生活始まって、1番最初にしたことはもちろん風俗で遊ぶことです。せっかく首都圏での一人暮らしが始まったわけですから、初めてはデリ嬢を部屋に呼ぼうと決めてました。俺は人妻好きなんで、呼んだのは人妻専門の店のデリ嬢です。嬢が来るまではドキドキしましたが、プレイが始まると、気持ち良さでドキドキしていたことは忘れてしまいました。俺は、乳首が性感帯なんで、そこを指で弾かれただけで体がビクビクして、どんどん気持ち良くなってしまいます。だから、口でずっぽりと咥えられたときはもう我慢が限界で、ものすごい勢いで出してしまいました。気持ち良すぎて声を我慢出来ないという経験を初めてすることになりました。

僕がハマった首都圏の熟女な風俗嬢

僕の彼女はすごくかわいいんです。もちろん体の関係もあります。彼女とのエッチな行為はものすごく気持ちがよくて、そういう面でも満足しています。こんな僕が首都圏の風俗を利用することになったのは、友達のしつこさに耐えられなくなったからです。小さな頃からずっと仲良くしてる友達なんですが、首都圏のデリヘルがすごくいいから利用してみろとしつこくて、そのしつこさから逃れるために一度だけ風俗を利用すると約束してしまいました。だから当日も乗り気ではありませんでした。しかも、来るのは熟女だと言われて、完全にテンションが下がってしまいました。でもプレイが始まると、熟女のテクニックのすごさを身をもって知ることになりました。付き合っている彼女がいつもくれる気持ち良さなんて、どこかへ消し飛んでしまうくらいものすごい快感が何度も襲ってくるんです。結局、気持ち良さでぐちゃぐちゃにされながら、最後は口で搾り取られて終わりを迎えました。この日以来、彼女に内緒で首都圏の熟女なデリ嬢と時間を楽しむようになりました。